スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

TED

11212.jpeg
マーク・ウォールバーグの嬉しそうなカオ!

どうも、平気で更新が滞ってしまっておりすみません。
とりあえず、あけましておめでとうございます。
相変わらずマイペースで興味あることしか書いていませんが、今年もひとつよろしくお願いします。

●ジョンはいつも一人ぼっちでした
●そんなジョンに両親はクマのぬいぐるみをプレゼントしてあげます
●大喜びのジョン
●彼に「テディ(後のテッド)」と名付け、どんな時も一緒でした
●テディがいればジョンは決して寂しくなく、どんな悩みごとも話すことができます
●でも、相手はぬいぐるみ・・・
●ジョンは「テディと話せますように…」と、流れ星に願いました
●明くる朝、なんと
●テディが動いて、喋っているではありませんか!
●ジョンは大いに感動し、テディを一生の友達にすることを決めました

●…それから27年の時が流れ…

●二人ともオッサンになりました
●そして・・・


さて、念願の『TED』を観て参りましたよ!
TVでもトレーラーが流れてたり、予想外の大ヒットで公開する劇場も拡大中と、何かと話題になってて嬉しい限りです。公開から一ヶ月近く遅れての鑑賞でしたが、劇場は中々の賑わいで、本当に人気なんだな~と感じました。

まず内容から触れますと、かなり露骨な下ネタのオンパレードで、ファ○クシ○トマザーファッ○ーの連発です。とても子供と見れるようなワクワクファンタジーではありません。下ネタ、ブラックユーモア、映画ネタ、アメリカンジョークがこれでもか!と詰まった、相当マニアックな内容です。そこに、ベタで王道のストーリーとVFXのクマを融合してしまうことで、笑える上に泣けるなんてどっかの安っちい映画宣伝文句みたいですが、絶妙なバランスの作品に仕上がっててほんと最高でしたよ。

そして、『フラッシュ・ゴードン』(感想)をそこまで推すか!というセンスに脱帽。ジョンとテッドは『フラッシュ・ゴードン』を人生のバイブルだと崇めているほど大好きなんですが、まぁアメリカならまだしも、日本の人はフツー知りませんよね、『フラッシュ・ゴードン』。私は大好きですが。
「家に誰が来てると思う?サム・ジョーンズ(フラッシュ役の俳優)だぜ?」とテッドからの電話が入り、
「すげーーーー!!!」と喜び、彼女そっちのけで家に走るジョン。子供だな~と思いながらも、その気持ち分かるぜジョンとも思ってしまいました。男ってこういう夢中になるものが少なからずあるんですよね。ジョンの場合は少しやりすぎなんですが。

そしてジョンを演じるマーク・ウォールバーグがハマり役すぎます。サム・ジョーンズに会ったときの本当に嬉しそうな顔は忘れられない本作品のワンシーンです。感情をあらわにテッドと会話するシーンも全く違和感なく、ダメな子供っぽい大人を演じるのが非常に上手いです。

そんなマニアックな内容ながらも、男性のいつまでたっても子供の部分と女性の現実的な部分、そしてその間に入るクマが互いの心を引き寄せ合ってくれ、2人の愛と、また3人の友情を見事に収束させる構成になっており、実はこの作品はヒューマンドラマなんだ!という言葉が言い過ぎではないほどしっかりした出来だったと思います。


まぁやはり、この作品の一番の魅力であり、多くの方の注目を集めるのは
オッサンテディベアのテッドです。
見た目が最高にキュートなのに、言動は下ネタばかりなんだけど、結局かわいいから許しちゃう(はぁと)ってことで女子にウケているんでしょうか。しかし、そういう感想を、欧米のパーティ大好きガールが言っているのであれば合点がいきます。

劇場でもカップルの割合が高く、女子に本作のウケがいいことに私は少し違和感を感じました。

露骨な下ネタやアメリカンジョークなんかは女子が最も嫌うものなのではないか、そう思っていたからです(←真面目かな?)。欧米の女子に比べて奥ゆかしい日本の女子が観るにはギリアウトの内容なのではないか、そう感じる内容だったのですが、その懸念も空しくしっかりと笑い声が聞こえてきました。別に女子がエロいということを言いたいのではありません。このレベルの表現でも笑いに転化できる世の中になったんだなぁと感じたのです。同時に自分自身も年を取っていることを思い知らされたのですが。もしこの作品が5年前に公開していたらここまでヒットはしなかったのではないでしょうか。そんなこともマジメに考えさせられる作品だったわけです。

そもそも、ヒットしているってことに違和感がありましたから(←失礼)。
私の尺度では本作はB級映画の烙印を押されてそういう映画が好きなヤツがこっそりと観てはこうやってひっそりとブログに感想を書く程度の作品であり、そうなるものと思っていたんです。これは作品に対する非難ではありませんよ。いい作品なのに世間に注目されない作品って多いじゃないですか。これもそのひとつになるとばかり思っていたんです。

だって、「テディベアが動く映画」なんて、「トマトが人を食う映画(参照)」みたいなもんじゃないですか?
だって、「下ネタ満載のFワード映画」なんて、「性器が狂いだす映画(参照)」みたいなもんじゃないですか?
だって、「B級映画が大好きな大人になりきれないヤツ」なんて、ギターいぬみたいなもんじゃないですか?ってやかましいわ。

脱線しましたが、マニアックな映画ファンだけが楽しめる作品だと思っていた(←実際に映画に詳しい人ほど楽しめるんでしょうが)『TED』がこんなに日本でヒットしていることに驚きと時代の移り変わりを実感させられたわけです。


と、まぁ偉そうにいろいろと書きましたが、ウダウダ面倒なことは考えっこナシで、ある程度の下ネタが許容できる方なら絶対楽しめる作品ですよ!なんなら思い切ってあの子を誘って観に行っちゃえよ!気まずい雰囲気になったらごめんな!









にほんブログ村 映画ブログへ   グッズもバカ売れだそうで、良かったねテッド!

スポンサーサイト
.11 2013 コメディ comment8 trackback0

アリス・クリードの失踪

d69bd99b9244a690873cf3512c0b5250.jpg
んぁ?誰が失踪したって??


・2人の男
・なにやらテキパキと動いている
・しかしあまりに機械的である
・何かの準備に没頭しているようだ

・1人の女
・さきほどの2人の男に拉致された
・監禁され、恐怖に泣き叫ぶ

・さて、どうなる??


どうも。久々に時間が取れてるので少しハイペースに書いております。
今回は『アリス・クリードの失踪』という作品。
いつだったかは失念しましたが、予告を観て興味を惹かれた作品です。

登場人物は3人のみ。そしてこの3人の間でなんやかんや起こるってんです。抽象的な書き方ですみません。でもまぁ作品の特性上あまり前知識を入れてしまうと楽しめないものなので今回はネタバレなしで行きます。故にふわっとした文章になることをお許しください。

私は基本的に少人数とかワンシチュエーションで展開するのが好みなんです。
外人さんの顔が同じに見える病であんまりいっぱい出てくると混乱するとか、
方向音痴なんでいろいろ移動されると気絶しちゃうとか、そんなような理由ですかね。
ってそれは当たらずとも遠からずですが、なんか直感的に好きなのです。

でも、3人しか登場しないって聞かされると少し興味沸きませんか?観ている方を飽きさせずに最後まで3人でどうなるの?と、良くも悪くもハードルが上がって制作サイドにプレッシャーを与えながら鑑賞できると思いませんか?(←意味不明)

と、そんなようなことを考えながら鑑賞に至った本作。
まぁねー。うまいと思いましたよ。プレッシャーに負けずによくやりましたよ。

そうくるか!そうくるか!で、次は?で、その後は?で、どう締める?と、観ている者に次の展開を楽しみにさせようと持っていくのがうまい。特に冒頭10分はやられます。実際、そうくるか!と唸りながら(いい意味と悪い意味両方でですが)そして絶対だまされないぞと喰らいついて観てましたし。負けず嫌いほどうまく惹き込ませるようにできた作品ではないでしょうか。いやーなかなか大したもんです。

でも、ね。でもでもでもでもね。(ここから少しだけネタバレなので未見の方はご注意ください)
最後までテンション高めで鑑賞できるんですが、ね。
最後まで観終わった感想は、なんとも「う~ん…」なんです。内容も内容ですし。むしろ中盤でこの作品のヤマ場は終わってしまうと言っても大げさではないかもしれません。真新しくて意外性のある展開は終盤になるにつれなくなります。でも、観ている方はまだ何かあるのでは?とアンテナを張り詰めた状態ですので余計に鑑賞後のモヤモヤした感情が出てくるのではないかなーと感じました。例えて言うならカラオケに行って友達が「♪マジンガー…」まで歌って曲消しちゃうようなモヤモヤでしょうか。

そんなわけで、鑑賞中は非常に集中して観られるという点でよくできた作品だなと思います。
でもまぁ、一回観ちゃうと、もういいかーってなる作品でもあります。とにかく最初の一回が勝負です。
それもまっさらな状態のがより楽しめるはずです。だもんで、できる限り何も情報は知らずに観てみてください。





にほんブログ村 映画ブログへ   そんなわけで、「失踪」なのですね。
.29 2012 サスペンス comment0 trackback0

ミラージュ

61oKiHXSXKL_SX230_.jpg
なりきりヒーローモノのパイオニアと言ってもいい!

物騒な世の中です…。
外には危険がいっぱい…。
しかも年末には犯罪が最も増えるといいます…。
怖いですね~…。自分の身は自分で守る時代ですね~…。
こんにちは。ギターいぬです。
いや、本当にお気をつけいただきたいのです。
だって、スーパーヒーローは助けに来てくれませんもの。
あ、そういえば。スーパーヒーローといえば、こんな作品を観ましてね。
ちょっとご紹介させてください。
(←強引に本題に持っていく)



きゃああああ!!!!!!
誰か来てーー!!!!!!
カバンをひったくられたのよーーーー!!!!!!
犯人はアイツよーーーーー!!!!!!
ほら、あっちに逃げていったあの男よーーー!!!!!!
早く追いかけてーーーーー!!!!!!
そしてギッタギタにしてーーーーー!!!!!!!
そしてあたしのカバンを返してーーーーーー!!!!!!!
あのカバンには財布とかハンコとか、保険証とか入ってるんだからーーーーー!!!!!!
なんで誰もアイツの後を追わないのーーーー!!!!!
無視なのーーーーーー!!!!!!
見て見ぬふりなのーーーー!!!!!!
だから都会はイヤなのーーーー!!!!!!
人間が冷たいのーーーー!!!!!
ほらー!!!!そこのアンターーー!!!!!!
ずっと見てたでしょーーーー!!!!!!
追っかけなさいよーーーーーー!!!!!
なんで追っかけないのよーーーーー!!!!!!!
困ってる人がいるのよーーーー!!!!!!
もうーーーー!!!!!あいつ逃げちゃうじゃないーーーー!!!!!!
もう一回言うわよーーーー!!!!!!

誰かーーーーーー、って、あの変な覆面ガチムチ野郎なによ!!!!
すごい勢いで引ったくりを倒していくじゃない!!!!!!
すごいわ!!!!!
ほら、ねぇ、アナタ!!!!!!!あたしのカバンは!!!!!
そうそう!!!!!!!これこれ!!!!!!これよーーーー!!!!!ありがとう!!!!!!!

それにしてもアナタ、強いわね!!!!!
まさにヒーローだわ!!!!!!
え?困ったことがあったらこのアドレスにメールして???
わかったわ!!!!!どうもありがとう!!!!!!
ほんとうにありがとう!!!!!!
ミラージュマン!!!!!!!!!!


・・・と。なんのあらすじにもなってませんがお許しを。
要はアレです。一般人がヒーローになりきって悪と戦うってアレです。
『キック・アス』とか最近では『スーパー』なんてのも出てますね。
当然この作品もそれらの波に乗っかって作られたフォロワーなのかと思いきや、どうやらこの作品が最も(たぶん)古く、まさにコレがパイオニアだったようです(たぶん)!そう聞かされるとこの絶妙なダサさ加減も様になって見えるから不思議なもんです。

肝心の内容はどうなのかってとこですが、とにかく第一印象はシュールです。チリの映画ってあんまり観ないのですが、独特の空気がありますね。言語はスペイン語っぽい、急かされるような喋りなんですが、作品全体の空気はユルいです。意外とストーリーは切なくて少し重い内容であり、主人公はほとんどセリフも発さないのですが、独特の表情と間で勝負しております。これがシュールでクスッとさせる部分で、ユルい展開も冗長と感じることなく惹き込まれました。主人公がモノホンの格闘家だからあえてセリフを多くしなかったのかどうかはわかりませんが、狙ってこのシュールな雰囲気、いやイキフンを出したなら、大したモンです。

そして格闘シーンはこれまた見所のひとつで、他のなりきりヒーローものと違ってめちゃ強いです。
中盤、敵のアジトに乗り込んで無限に出るのかってくらい次々と現れる雑魚をほとんど一発で倒していく様はまさにリアルファイナルファイトです。
155649.jpg(古くてすまん)


そしてそしてそれだけに留まらず、終盤、また違った展開を見せます。
これまで己の肉体のみで戦ってきたミラージュマンですが、
ラストの戦いは急に銃だのナイフだので機械的に敵を殺していきます。(←ネタバレにつき反転)
これにはズッコケざるを得ません。

しかしこの作品、音楽なんかも凝ってて、レトロなBGMでイキフンをさらに盛り上げてくれてます。
総合的になかなかのセンスを感じる掘り出し物ですよ。

最後の最後まで彼なりのヒーロー像を全うしてくれるミラージュマン。
そんな姿にいつしか手に汗握ってエールを送っている自分に気づくことでしょう。
それでは最後にもう一度。
ありがとう!!ミラージュマン!!




にほんブログ村 映画ブログへ   彼の主食は卵の白身です。
.28 2012 アクション comment0 trackback0

アタック・ザ・マミー

r161577369L.jpg
バカなんだもん。


コタツとみかんが恋しい季節となってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は珍しくミイラ物をチョイスしてみました。
ホラーのジャンルにもいろいろありますが、ハム○プトラ的なミイラ物はあまり見たことがありません。
大した理由はないのですが、学生時代歴史が嫌いだったもので。(←無茶)

ま、そんな私が何故この『アタック・ザ・マミー』を鑑賞しようと思ったかというと、
単純につまんなそうだったのと、アルバトロスだったからといういつもの理由なのですが。そんなわけでいつもの感じの作品ですはい。



●むか~しむかし突然発生した地割れ
●その中を探索すると、古代の墓的なのがいっぱい
●ミイラもいっぱい
●発見した王様(たぶん)は狂喜
●「これでひともうけだ!」と
●時は流れ
●とあるライター(たぶん)のもとに一本の電話
●ミイラを見つけた王様(たぶん)からだ
●「すごい発見したから取材して」と
●内容はまだ明かせないがすごい発見だといい、条件もよいので承諾
●駆りだされたカメラマン(男)とアシスタント(女)
●あつ~いあつい砂漠の中の大きなお屋敷に通される
●王様(たぶん)の話
●汽車に乗って砂漠を進んでいくとそこは
ミイラを売り物にしたテーマパークだった
●ミイラはICチップを埋め込まれ、自由に動き、話すこともできる
●古代の歴史を学んだり、軽食も取れます
なんじゃそら!
●「AMAZING!」とかなんとか言いながらカメラマン(男)もアシスタント(女)も狂喜
●そして早速取材を始めるが…


いかがですか、この奇想天外奇奇怪怪なあらすじ。
良く言えば『ジュラシックパーク』なのでしょうが、発想以外は似ても似つきません。
まず、映像のアラがひどい。いつの時代の技術なんだというほどのちゃっちい合成と、同じ背景の使いまわしで巨大な神殿を表現している涙ぐましい努力は見えはするものの身を結んでいない。

そしてストーリーのぶっ飛びが半端ではありません。
黒幕の動機がよくわからなかったり
唐突にグロシーンが入ったり(しかもそれはアルバトロスの別の作品のシーンらしい)
唐突に男女が恋に落ちたり
アシスタントが風呂に入るシーンで風呂の水が汚っったなかったり
そもそも部屋に対して風呂がせっっまかったり
ミイラがおっぱい目的で追いかけてきたり
都合のよいところに武器となる硫酸があったり…


ツッコミ出したら朝になりそうなので割愛せざるを得ませんが、とにかくメチャクチャです。得るものは何もありません。しかし、何か楽しいのは私だけでしょうか。
例によって私は興味深い作品だなと思いながら鑑賞していたわけなのですが、こうやって改めて文字に起こすととんでもない作品だなと感じてきます。信頼のアルバトロスクオリティですな。

まぁ、初めから終わりまでショボさMAXですが、不思議と先へ先へと見せる力はあるように思います。
結局最後まで観たところで…なんですが。
みんなで集まったときのネタ程度にはなるかも知れませんね。
もちろん一人で真面目に鑑賞もOKです!お時間がありましたら是非どうぞ!!でも怒らないで!!!



にほんブログ村 映画ブログへ   丸投げで終わってすまん!!
.24 2012 ホラー(B級) comment3 trackback0

死神

4545180092903_1L.jpg
DYING GOD(原題)=死にかけの神


どうもお久しぶりです、ギターいぬです。私は生きています。
またまた間が空いてしまい申し訳ありません。

あまりに更新しなさ過ぎだったんで誰も見てないのではないかと思いますが、
そんなタイミングで復活の記事でも書いてみようと思います。

ってかねー。
こんなの観たら書きたくてたまらんわけです。


だもんでお久しぶりでこちらのブログに来てくださってる方、
はたまた初めましての方、たまたま来ちゃった方、家族・親戚の方(???)、
この際すべての人類の方、皆様に言っておきます。

こんなもの、観てはいけません。と。

では、あらすじです。長いうえに完全にネタバレです。



その昔

と言ってもそんなに昔じゃないよ

とある原住民が赤子らしきものを抱え、大勢の人から逃げている

と言ってもそんなに大勢じゃないよ

万事休す捕まるかと思いきや、謎の男の手助けがありなんとか脱出に成功

この謎の男はこの後一切登場しない、本当に謎の男

時が経ち

舞台は娼婦とポン引きがうごめく夜のダウンタウン

娼婦が惨殺される事件が発生

その様は凄惨なものであり、レイプされた上に腹から内臓が出ているというものだった

警察の出番

主人公らしき刑事ショーンの登場だ

しかしショーンは酒・女・ドラッグに溺れた極悪刑事だった

いろんなオネーチャンとあんなことやこんなことをしながら、どこまで本気か分からない捜査をするショーン

当然のごとく続出する被害者

捜査も一応の進展を見せ、容疑者の原住民を確保

冒頭の原住民である

しかし彼は犯人ではなく、事情聴取しても言葉がわからない

彼はしきりにこの言葉を繰り返す

クルピー

このままでは埒がアカンので大学の偉い人に協力を請うショーン

曰く、クルピーは古代マヤの神であり、子孫繁栄のためにここダウンタウンにやってきたのだという

そしてこの神は余命いくばくもないのだという

なぜかというと

ガンだという

ズコー!!

そしてこのクルピー、人間の女性を受胎させるのが非常に難しいという

女性が受胎する前に絶命してしまうからなのだという

なぜかというと

クルピーのペ○スが巨大過ぎてお腹を突き破ってしまうのだ

ズコー!!

クルクルピーだな!!

クルピーの全貌を聞いたショーンはヤクザの親分と手を組むことに

ヤクザも金ヅルの娼婦を多く殺され、怒りに燃えているのだ

しかしこの親分、車椅子に乗ったジグ○ウばりのおじいちゃんである

大丈夫だろうか

いよいよクルピーのアジトを突き止め、突入するショーン

ここまで来てようやく、クルピーの姿がわれわれ視聴者の目にさらされることになる

しかし

ただの着ぐるみヤローでした

いや

そんなことよりも

全くペ○スが巨大ではないではないか

と、思いきや

なんと

クルピーのペ○スは拡縮するものではなく

体内に完全に収納させるタイプのものだった!

タイプのもの、ってなんだよ!聞いたことねーよ!

で、なんかよくわからんうちにクルピーを倒すことに成功!

しかし、ショーンもよくわからんうちにダメージを負っていた!

ショーン、死

おしまい


まず、クルピーってかわいいお名前ね。
いやーいかがでしょうか、このバカ設定。

そもそも何故クルピーが生まれたとか、
どうやって大きくなるまで生き延びたんだとか、
なんでガンなのかとか、
そのペ○スどうなってんだとか、

疑問はたくさん生まれてきますが、観てるうちにどうでもよくなって疑問も消えていきます。
そしてなによりも問題なのが、この設定でこのクオリティで、
演者含め作品の雰囲気がクソ真面目な感じだということです。

この作品はどんな作品?って説明するときに、
「アレがバカでかいエイリアンみたいなモンスターが登場する映画」って一行だけでもうバカ映画のレッテルを貼られてしまうと思うのですが、作品自体はいたって真面目に進行し、
「えへへ。こんなバカなの創っちゃいました♪」感が皆無です。それが逆に痛い。

もしこの作品にキャスト・スタッフのインタビューがついてたら(実際はないんですが)、大真面目な顔で
「とってもクールな作品に仕上がったと思うよ」だの
「得体のしれないモンスターがせまってくる恐怖感をうまく演出できたんじゃないかな」だの
「私はレイプされる役だったけど、本当に真に迫った演技ができたわ」だの
「クルピーの造形にこだわったんだ。このペ○スみてくれよ」だの

得意げに語る制作スタッフの顔が目に浮かぶほどのマジな感じです。
その人たち全員に言いたい。いやいや、クソっすよ。と。


そんな作品だもんでホラーだと思って観た人やB級映画初心者は怒り狂うのではないかと懸念される作品。
どう考えても観るメリットはゼロなので、オススメしません!まぁここまで読んでくださって、ここまで警告している上でまだ観たいという方は止めませんが、責任は取れませんのであしからず。





にほんブログ村 映画ブログへ   原題は合ってるんですよね。
.12 2012 ホラー(B級) comment4 trackback0
 HOME 

プロフィール

ギターいぬ

Author:ギターいぬ
ホラー・香港・B級映画好きの気弱なギター弾き。


ただの感想なので詳しくは書かない時もあり。ネタバレしてる時もあり。
マイペースに行かさしてくださいませ。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

訪問者数

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。