FC2ブログ

TED

11212.jpeg
マーク・ウォールバーグの嬉しそうなカオ!

どうも、平気で更新が滞ってしまっておりすみません。
とりあえず、あけましておめでとうございます。
相変わらずマイペースで興味あることしか書いていませんが、今年もひとつよろしくお願いします。

●ジョンはいつも一人ぼっちでした
●そんなジョンに両親はクマのぬいぐるみをプレゼントしてあげます
●大喜びのジョン
●彼に「テディ(後のテッド)」と名付け、どんな時も一緒でした
●テディがいればジョンは決して寂しくなく、どんな悩みごとも話すことができます
●でも、相手はぬいぐるみ・・・
●ジョンは「テディと話せますように…」と、流れ星に願いました
●明くる朝、なんと
●テディが動いて、喋っているではありませんか!
●ジョンは大いに感動し、テディを一生の友達にすることを決めました

●…それから27年の時が流れ…

●二人ともオッサンになりました
●そして・・・


さて、念願の『TED』を観て参りましたよ!
TVでもトレーラーが流れてたり、予想外の大ヒットで公開する劇場も拡大中と、何かと話題になってて嬉しい限りです。公開から一ヶ月近く遅れての鑑賞でしたが、劇場は中々の賑わいで、本当に人気なんだな~と感じました。

まず内容から触れますと、かなり露骨な下ネタのオンパレードで、ファ○クシ○トマザーファッ○ーの連発です。とても子供と見れるようなワクワクファンタジーではありません。下ネタ、ブラックユーモア、映画ネタ、アメリカンジョークがこれでもか!と詰まった、相当マニアックな内容です。そこに、ベタで王道のストーリーとVFXのクマを融合してしまうことで、笑える上に泣けるなんてどっかの安っちい映画宣伝文句みたいですが、絶妙なバランスの作品に仕上がっててほんと最高でしたよ。

そして、『フラッシュ・ゴードン』(感想)をそこまで推すか!というセンスに脱帽。ジョンとテッドは『フラッシュ・ゴードン』を人生のバイブルだと崇めているほど大好きなんですが、まぁアメリカならまだしも、日本の人はフツー知りませんよね、『フラッシュ・ゴードン』。私は大好きですが。
「家に誰が来てると思う?サム・ジョーンズ(フラッシュ役の俳優)だぜ?」とテッドからの電話が入り、
「すげーーーー!!!」と喜び、彼女そっちのけで家に走るジョン。子供だな~と思いながらも、その気持ち分かるぜジョンとも思ってしまいました。男ってこういう夢中になるものが少なからずあるんですよね。ジョンの場合は少しやりすぎなんですが。

そしてジョンを演じるマーク・ウォールバーグがハマり役すぎます。サム・ジョーンズに会ったときの本当に嬉しそうな顔は忘れられない本作品のワンシーンです。感情をあらわにテッドと会話するシーンも全く違和感なく、ダメな子供っぽい大人を演じるのが非常に上手いです。

そんなマニアックな内容ながらも、男性のいつまでたっても子供の部分と女性の現実的な部分、そしてその間に入るクマが互いの心を引き寄せ合ってくれ、2人の愛と、また3人の友情を見事に収束させる構成になっており、実はこの作品はヒューマンドラマなんだ!という言葉が言い過ぎではないほどしっかりした出来だったと思います。


まぁやはり、この作品の一番の魅力であり、多くの方の注目を集めるのは
オッサンテディベアのテッドです。
見た目が最高にキュートなのに、言動は下ネタばかりなんだけど、結局かわいいから許しちゃう(はぁと)ってことで女子にウケているんでしょうか。しかし、そういう感想を、欧米のパーティ大好きガールが言っているのであれば合点がいきます。

劇場でもカップルの割合が高く、女子に本作のウケがいいことに私は少し違和感を感じました。

露骨な下ネタやアメリカンジョークなんかは女子が最も嫌うものなのではないか、そう思っていたからです(←真面目かな?)。欧米の女子に比べて奥ゆかしい日本の女子が観るにはギリアウトの内容なのではないか、そう感じる内容だったのですが、その懸念も空しくしっかりと笑い声が聞こえてきました。別に女子がエロいということを言いたいのではありません。このレベルの表現でも笑いに転化できる世の中になったんだなぁと感じたのです。同時に自分自身も年を取っていることを思い知らされたのですが。もしこの作品が5年前に公開していたらここまでヒットはしなかったのではないでしょうか。そんなこともマジメに考えさせられる作品だったわけです。

そもそも、ヒットしているってことに違和感がありましたから(←失礼)。
私の尺度では本作はB級映画の烙印を押されてそういう映画が好きなヤツがこっそりと観てはこうやってひっそりとブログに感想を書く程度の作品であり、そうなるものと思っていたんです。これは作品に対する非難ではありませんよ。いい作品なのに世間に注目されない作品って多いじゃないですか。これもそのひとつになるとばかり思っていたんです。

だって、「テディベアが動く映画」なんて、「トマトが人を食う映画(参照)」みたいなもんじゃないですか?
だって、「下ネタ満載のFワード映画」なんて、「性器が狂いだす映画(参照)」みたいなもんじゃないですか?
だって、「B級映画が大好きな大人になりきれないヤツ」なんて、ギターいぬみたいなもんじゃないですか?ってやかましいわ。

脱線しましたが、マニアックな映画ファンだけが楽しめる作品だと思っていた(←実際に映画に詳しい人ほど楽しめるんでしょうが)『TED』がこんなに日本でヒットしていることに驚きと時代の移り変わりを実感させられたわけです。


と、まぁ偉そうにいろいろと書きましたが、ウダウダ面倒なことは考えっこナシで、ある程度の下ネタが許容できる方なら絶対楽しめる作品ですよ!なんなら思い切ってあの子を誘って観に行っちゃえよ!気まずい雰囲気になったらごめんな!









にほんブログ村 映画ブログへ   グッズもバカ売れだそうで、良かったねテッド!

スポンサーサイト



.11 2013 コメディ comment8 trackback0

クン・パオ!燃えよ鉄拳

51iV04gfL7L.jpg
|_-) チラリ

どうもです。またまたご無沙汰になってしまいまして申し訳ありません。

時の流れに身を任せていたら、あっという間にこんな時間。
厳しい冬も終わりを告げて、出会いと別れの季節です。
ありがとう、浜村淳です。



すみません。浜村淳ではありません。ギターいぬです。
そんなこんなであけましておめでとうございます。(←言ってなかったので)

新年一発目なんていう季節でもなくなってしまいましたが、許してください。
こんな作品を観たんです。その名も『クン・パオ! 燃えよ鉄拳』です。


【あらすじ】
超人的な強さを持って生まれてきた「選ばれし者」は、赤ん坊の頃に家族を殺されてしまう。
だから、復讐するのだ!



えーっと…俗に呼ばれるおバカ映画というヤツですね。
バカ映画は大好物な私なのですが、おバカ映画は苦手なんです。じゃあなんで借りてきたのですか。教えてください。

おバカ映画というのは、明らかに狙った感のあるギャグや欧米らしい下ネタの応酬で観るものを失笑どころか悪寒すら感じさせる痛々しいものだと思い、私はそれがまさに苦手なのです。じゃあ何故借りたのでしょうか。

…と、完全におバカ映画であることはわかっていたものの、この作品をレジに持っていき鑑賞するに至らせた要因は、何かと言いますと。
まぁ単純にカンフーが題材だというただそれだけのことだったんですけどね!


しかも。この作品。
1976年の香港カンフー映画『ドラゴン修行房』の映像に現代の映像を合成しているというではありませんか。

『ドラゴン修行房』…主演ジミー・ウォング

ということで観てみようと。


…しかし。
やられちゃいました。

頭っからケツまでスベリまくりのヒドいギャグ。
主演・監督・脚本・制作・吹き替えをスティーブ・オーデカークというオジサンがすべて一人で担当しているのですが、どうやら正直このオジサンとは感性が合わんようです。スマン。


5522.jpgだって、顔がイラッとすんだもん。スマン。


調べてみると、この人、『親指スターウォーズ』とかのシリーズの人みたいですね。
でもそのシリーズも手を出さないと誓った作品なのですよ。スマン。


内容は『ドラゴン修行房』の話の流れを踏襲してはいる(未見なので憶測になりますが)ものの、ふざけ過ぎたセリフ回しと無駄すぎるシーンを臆することなく挟み込んできて、当たり前のように真面目に観れません。これがおバカ映画というものなのですね。


例えば主人公の舌には顔があって、それが「選ばれし者」である証であるらしい。
この時点でもうノックアウトの悪ふざけ様ですが、
522_20120330173139.jpgなによりやっぱ顔がイラッとするんだもん。スマン。


そんな高めのテンションのまま物語は私を置いて突っ走っていきます。
乳牛とのカンフーシーンがありーの、
いろんな映画のパクリシーンがありーの、
どうでもよい休憩シーンがありーの、
とにかくサブいシーンのてんこ盛りで、もうどうしようかと困惑してしまいます。
制作サイドとこっちの温度差ありすぎて風邪引くわというスマートツッコミでもしとかないと他に打つ手がありません。


やはり狙いすぎているおバカ作品はダメでした。真面目にやってクソしょーもない作品に仕上がったバカ映画は大好きなのですがねぇ。そこのサジ加減はなかなか難しいもんですな。

ただ、小学生レベルの感想ですが、合成に関してはすごいと思います。
当然のことながら制作年が全く違うため、映像の質は変わってしまうものだと思うのですが、それを違和感なくするのがうまいと感じました。ギターいぬは技術的なことは全く無知ですし、見る人が見れば全くへたクソな出来なのかもしれませんが。

出来の好き嫌いは別にして、カンフー映画が大好きな監督が昔のカンフー映画の権利を買って、自由に別の作品に仕上げるという発想はいいですね。ある意味ものすごくうらやましいことではあります。
5222.jpgイラッとくるドヤ顔で出てるのも頷けるな。


まぁねー。でもねー。つまんなかったよ。
むしろオリジナルの『ドラゴン修行房』をめっちゃくちゃ観たくなりました。
そっちのがわくわくすることは間違いない!




にほんブログ村 映画ブログへ   ウシとの戦いは結構アツかった。
.30 2012 コメディ comment0 trackback0

宇宙人ポール

131580838361113201361_Paul_01.jpg
アメリカの宇宙人はこんなに陽気らしい。
「アメリカの宇宙人」っておかしいよね。



世の中が赤と緑に染まるイベントも終了し、いよいよ2011年も暮れに押し迫って参りましたね。
くれぐれも体調にはお気をつけていただき、楽しい新年を迎えようじゃあありませんか。…なんて2年連続で校長先生みたいな挨拶をしてしまっておりますが、それはともかく『宇宙人ポール』です。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ(→感想はこちら←)』で一躍有名となった英国仲良しコンビ、サイモン・ペッグ&ニック・フロスト。最近でも『タンタンの冒険(→感想はこちら←)』で声優を務めるなど、目覚ましい活躍のお二人でギターいぬも大好きです。そのお二人が主演・脚本の意欲作とくれば、そりゃもう否が応にも観るってモンです。



・ここはアメリカ
・主人公はイギリスから来た二人のオタクだ
・二人の最初のお目当ては通称「コミコン」と呼ばれるコミケ
・大好きな世界の、いわばフェスティバルに参加中のオタクはとにかく楽しそうだ
・アメリカ人にゲイ扱いされようと、意に介さないんだ
・彼らにはもうひとつの目的があったんだ
・それは宇宙人の本場(?)、アメリカのUFOスポットを巡ることだ
・レンタカーのRVを颯爽と駆り、名所で記念撮影をするオタク、ほんとうに楽しそうだ
・ふと、後続車から煽られるオタク
・振り切ったものの、その車は事故ってしまったんだ
・しかし中には誰もいない
・後方を振り返ると…だ
・エイリアンがいたんだ!
・うぎゃあああああだ!
・やっぱり、
・「 ワ レ ワ レ ハ  ウ チ ュ ウ ジ ン ダ 」とか言うのかなと思ったら
・そんなことは全くなく「ワッツアップ、メーン♪」的な妙にアメリカナイズされちゃったヤツだった
・本物の宇宙人との遭遇、そしてそのギャップに多大な驚きと少しの失望を抱くオタク
・彼の名はポール。なにやら政府に追われていて命が危ないのだそうだ
・というわけでポールを連れて行くことにしたオタク
・果たしてポールは宇宙に帰ることができるのか!?


カテゴライズするならばやはりこの作品はSFなのでしょうし、となればストーリーを複雑にする必要性もないので、非常にわかりやすくシンプルでストレートに進んでいくお話です。だからこそこの作品の最大のミソは身近なおもしろさをある種淡々と盛り込むことで心地良い笑いのリズムが生まれるところでしょうか。

派手に笑いを取ろうとするでも、かっこいいスーパーヒーローが出てくるでももちろんありません。
だって主人公はゲイかと思うほど仲のよい二人のオタクなんですもの。
彼らはとにかく自分たちの生活、そして自分たちの世界、そして自分たちの友情を第一に考えています。

たとえ追われる身になっていても趣味のお店を見つければ躊躇なく入り、
カーチェイスで追っ手の車に自分たちのレンタカーをぶつけるときにも「保証金が…」と躊躇い、
さらに「この宇宙人が自分たち二人の友情を引き裂いてしまうのでは…」と葛藤する。
映画なんだし、非日常なんだからどうだっていいじゃんというわけではなく、あくまで日常を大切にしたい心情や所作が宇宙人という非日常と溶け込み、いちいち面白い場面を形成しています。『ショーン・オブ・ザ・デッド』にしろ『ホット・ファズ』にしろ、彼らの作品には一環してこの日常を重視した狙い過ぎないスマートなセンスを感じますな。

登場人物はティータイムを大事にするスマートなバカのイギリス人と、コテコテのアメリカンな宇宙人。さらに敬虔なクリスチャンの女性、キリスト原理主義のオヤジ、バカ捜査官コンビ等々、いちいち濃いヤツらばっかりでそこも面白い。特にクリスチャンの女性がポールの登場によって新しい分野を開拓する様(簡単に言うと脱キリストの反動による暴言の応酬)は本当に笑えます。

他にも、名作SF映画へのオマージュやパロディなどもたくさん含まれているようです。SFに疎い私でもシガニー・ウィーヴァーやスピルバーグのくだりは楽しめましたし、好きな方はもっと笑える場面が多いのでは。その辺のバランスも全尺もうまく収めてくれてて、ホントに気軽に楽しめます。

そこそこ小さい劇場でお客さんもまばらでしたが、劇場が笑いで包まれるという経験は初めてでした。
今年一年の締めくくりに最高の作品をありがとう!また期待してるよ!

…と言ったそばから『ショーン~』『ホット~』に続く二人の次回作が制作されるそうですぜ!もう期待しかない!





にほんブログ村 映画ブログへ   この二人ホンマに仲いいな!
.28 2011 コメディ comment2 trackback1

Mr.BOO!

51M7bQViUeL_convert_20100213001554.jpg
あなたが思い浮かべる香港スターといえば?

ブルース・リー?
ジャッキー・チェン?

うん、まぁそうですね。異論はありません。私も大好きな御両人です。


…でも。
マイケル・ホイも入れていいんちゃうの?ついでにサミュエル・ホイも!さらについでにリッキー・ホイも!



……ってか、ついでじゃねーわ!!(←自己ツッコミによる華麗な事故の一例)

いやね。ホイ三兄弟が大好きでして。
知らない方にご説明しますと、マイケル・ホイ、サミュエル・ホイ、リッキー・ホイの実の兄弟。70年代後半~80年代の香港コメディ映画を牽引してきました。マイケルは流暢なトークとコミカルな動きで、サミュエルは歌手としても活躍する昔のイケメン(←失礼)、リッキーは癒し系キャラでこれまた多くの香港映画に出演しておりました。実際にはもう一人兄弟がいるのですが、ホイ3兄弟として日本でもコアな人気を博したのです。

3兄弟のコメディ作品が日本でウケたのは勝手に『Mr.BOO』とシリーズ化されたこと、そして広川太一郎氏によるトンデモ吹き替えが大きいです。吹き替えで観るのと字幕で観るのとでは面白さが大きく変わります。

それって吹き替えが面白いわけで映画としては面白くないんじゃんかと思われたでしょう。いや、そうなんです。作品によってはアレでも吹き替えで面白くしてくれているものはあります。認めます。シリーズで吹き替えが入っているもの、広川氏の吹き替えのものが少ないのが残念です。


まー、wikipediaで調べればすぐわかる情報はこのくらいにしておきます。




ウォン(マイケル)は探偵社の社長。社員はチョンボ(リッキー)と秘書のみ。
そこへフラフラ仕事を探していたキット(サミュ)が入社したいと尋ねてきた…。


あらすじみじかーーー!!
えーお察しのとおり内容はない様なもんです。(←決してダジャレではない)
浮気調査や尾行の最中におかしな事が起こるという漫画的な展開なので頭を空っぽにして観られます。(それだけっちゃーそれだけなんですが…。)

広川太一郎、ビートたけし、ビートきよしの吹き替えもめっちゃくちゃ。が、この作品は日本での一発目ということもあり、まだ控えめなんですがね。それでも現代の吹き替えを見慣れている方には驚愕の作品なのではないでしょうか。

当時の香港の社会の風刺も入ってます(・・・が、それに興味沸く人の方が少ないよな!)
私はこのシリーズのユルさと広川氏の吹き替えが大好きで吹き替えなしでも半期に一度は観るほどのバカなのですが、コレは実際に体感していただかないと相性はわからない作品だと思います。ましてや文章だけでこの作品の雰囲気を伝えるだけの技量が自分には全くないことにここまで書いといて気付くという…。


とりあえず、もしこの作品を観てみたいと思われましたら、もしくはこの作品を観る機会が訪れましたら、
この作品は私に何を伝えて、鑑賞後にどんな感情を持たせてくれるのかしらぁ??という心持は持たない方がいいかもしれません。すぐにベランダから捨てましょう。ね?コメディなんですから。そんなに固くならずにぃしゃちょー♪(←キモっ)

・・・で?君はわが社に入って何をしてくれるのかな?わが社の理念に反したらすぐ切るからね?いいね?ってブラック企業じゃあるまいし、楽に行きましょう。楽に。コメディなんですから♪


いつになく雑な感想(とも言えない)文になりましたが、何がいいたいのかと言うと俺コレ好きやねんってのを改めて言いたかっただけなんす。ごめんよ。


にほんブログ村 映画ブログへ  もうちょっとで映画鑑賞のペースも元に戻るぜ…。
.13 2010 コメディ comment2 trackback0

ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-

fuzz.jpg
イギリス発おバカ・ゾンビ・ホラー「ショーン・オブ・ザ・デッド」の脚本エドガー・ライト、脚本&主演サイモン・ペグのコンビがお送りする、痛快・おバカ・刑事・アクション・サスペンス・コメディ(なげぇ)!

おバカ映画バカ映画は違います。ばかばかしく狙って作ったのが前者、真面目に作ったにもかかわらず観客は総じてズッコけるのが後者とでも言いましょうか。わかりやすく言うと「天然か計算か」ですね。

とはいえ、どちらかというと「バカ映画」と好む体質にある私。
「おバカ」って響きにはちょっとした痛さを感じてしまうのです。

で。

ホットファズ~俺たちスーパー・ポリスメン~
この潔い位に痛々しいタイトル。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」は非常に楽しめたのですが、このタイトルから「ベタなコメディに安定しちゃったのかしら・・・」と懸念しつつ、鑑賞に望んでみました。


結果、傑作だ。

やべぇ。ちょーやべぇ。まじやべぇ。ハンパねぇんだけど。(←使ってて違和感がすごいのでやめます)

とにかく、エドガー・ライトとサイモン・ペグの感性のすごいこと。
それが非常に私と相性が良かったこと。
そして、ただのおバカ映画の様相を呈していて、ただのおバカ映画ではなかったこと。

冗談抜きで笑えました。
こんなにゲラゲラ笑った作品は、片腕カンフー対空とぶギロチン以来でしょうか(←こちらはバカ映画ですが)。





ニコラスはロンドン警察始まって以来の優等生。
犯人逮捕率は他の署員の4倍でスポーツ・知能あらゆることに万能な模範警官だ。
そんな彼の活躍をやっかむ上司ほか署員。ニコラスばかりが目立つため、無能に見られるからだ。

ある日、ニコラスは部長に郊外への異動を命じられる。
「イエス」以外に選択肢がないニコラスはしぶしぶサンドフォードの村へ。

携帯の電波すらないサンドフォードの村は、『ビレッジ・オブ・ザ・イヤー』を何度も受賞しているのどかな土地。起こる事件といえば、白鳥の逃亡や万引き程度。

しかし、未成年がバーで堂々と飲酒していたり、おかしな事が多いこの土地。
ニコラスは根っからの警官気質で違反を次々に処理し、村人たちに頼られるが同僚たちからは煙たがられていた。


ある日。
とある衝突事故が発生。
ニコラスは事件性に目をつけ、殺人の可能性を疑うが、周りの人間は異常に事故と決め付ける。

それから次々と人が死んでいくが、全て事故と言い張る警官たち。
ニコラスは、徐々に村人への不信感を抱いていく・・・。

はたして、この村は本当にただののどかな田舎なのだろうか・・・?




「ショーン・オブ・ザ・デッド」でダメ男を演じていたサイモン・ペグ。
今回もダメ主人公なんだろうかと思いきや、全くの逆でした。

「ショーン~」から共通して言えることですが、登場人物のキャラがちゃんと立ってて、キャラ渋滞といわんばかり。
しかし、「ショーン~」のときはサイモンもダメ男だったため、ツッコミ役(=まともな意見を言う観客の代弁者役)が別の人物になっていました。
しかし、今作では主人公を優等生にしてツッコミ役を中心にすることで、笑いの安定・安心感が強かったように感じます。

個性あるキャラだけでなく、映像から効果音まで凝ってて、映画への愛情あふれる作品です。
あらゆるシーンにあらゆる映画のオマージュを盛り込んでいて、その愛情が伝わるからなのです。
「○○○(←映画のタイトル)とかでありそうなシーン」が多いのですが、コレはパクリでもアンチテーゼでもなく、映画愛なんですねーすごいですねー!!(←ムツゴロウさん風に)

そしてそして、大事なのが「オマージュだから面白い。だから元ネタ知らなきゃ楽しめない。」って限定的になりすぎず、さほど映画を知らない人でも楽しめるように配慮して作り上げているこの丁寧な仕事っぷり。警官とジジババの市街銃撃戦なんて、それだけで爆笑モンだしな(ネタバレのため反転)


脚本もお上手で、伏線は意外に多く、もれなく回収される(私が見た限りですが)親切設計。
なにげない一言や行動が後で効いてきたりするんだから、スマート

エンターテイメント要素をコレでもか!まだまだだこんにゃろー!と詰め込み、溢れ出たエキスまで残らず味わわせてくれてお腹いっぱい大満足です。

ひとつ残念なのは、突然結構なグロシーンが入るため全ての人にお勧めできない・お勧めしても観てもらえない点ですかねぇ。


もっかい言います。傑作です。
私の名作ベスト10に入りました。(そんなカテゴリあったのか)



一切、手は抜いてましぇん。


いやぁ、イギリス人て、丁寧なのな。


にほんブログ村 映画ブログへ
.15 2009 コメディ comment6 trackback0
 HOME 

プロフィール

ギターいぬ

Author:ギターいぬ
ホラー・香港・B級映画好きの気弱なギター弾き。


ただの感想なので詳しくは書かない時もあり。ネタバレしてる時もあり。
マイペースに行かさしてくださいませ。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

訪問者数

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード