FC2ブログ

ゾンビ2030

zaP2_G2477709W.jpg
↑このジャケ、肝心の主人公が映ってねぇよ…。

地球の自然破壊が進み、98パーセントの人々は隔絶され、自然と触れ合うことはヴァーチャル空間でのハンティングゲームのみとなってしまった未来のお話。

人との触れ合いもホログラム映像を飛ばすことで済ませてしまう無機質な生活に飽き飽きしていたポールは、仲間のセバスチャンと街を抜け出し、本物の狩りに出かけようと画策する。

そのメンツはというと。

【ポール】
狩りの腕前は一流(らしい)のハンター。仮想空間でのハンティングゲームもプロ並みだが冒頭一発目でいきなりミスショット。

【セバスチャン】
父親は軍の偉いさんで、そのコネでセキュリティを突破し街を出ることができた。
オヤジに超反抗的。狩りはド素人のもやしっ子だが英雄願望が強いらしく、軍のハイテク兵器やハイテクスーツをパクり、それをぶっ放すなど目にあまる行動によりメンバーからハミってしまう。童貞らしい。

【ロイ】
セバスチャンが雇ったガイドで一流のハンター。すさまじく横柄な態度でこれまたみんなからウザがられる。
ガイドというわりに全く道案内をしないただのエゴイスト。

【レクサ】
仮想空間でのゲームでいつもポールのパートナーとしてプレイしていた女性。
ポールに気があるらしいがセバスチャンのことは嫌いらしい。
ちなみに、DVDジャケットでどセンターを陣取っているのが彼女である。

【フランシーン】
ポールがネットゲームで知り合った女性ハンター。
ネトゲ上は「レッドリンクス」という名で男に成りすましていたため、みんなに「詐欺だ詐欺だ!」と罵られる。
生まれつきヴァーチャル世界での生活が当たり前だったため、リアルで他人に触れられただけでパニックを起こして吐いちゃうかわいいオタク女子。
ハンターとは言うもののそんな活躍も無く結局何のために来たのか全くわからない。

…と、キャラが立ってるようで全く個性がないメンツの御一行。
到着した森の奥の研究所では軍が謎の実験を行っていた…。

それは生物の死んだ細胞を蘇生させる薬品の臨床実験だ!しかも研究所の外は昔墓地だったときた!
見事にフラグが立った!あとはこの薬品が漏れるだけ!その原因は…


震度1ぐらいの地震だった!!
ショッッッッボすぎる地震によって薬品がチョロチョロと地面に染み出し、サッとゾンビが登場したのだ!!しかもこの映画のゾンビさんたち、高確率でヘルメットをかぶっている!説明!説明!


ゾンビが登場して研究所の人を適当に殺していったものの、物語のメインはハンターたちである!
セバスチャンがハイテクスーツ(弾丸・ナイフ、なんでも跳ね返すがスキマだらけ。しかも相当ダサい)を着てチョケまくってるとロイがブチ切れ「殺すぞコラァ!!」と。

スネたセバスチャンは仕返しに狩りに行ったみんなの前にシカのホログラフを映し出して「ケケケ♪」とやるとロイがブチ切れ「殺すぞコラァ!!」と。

その間、「俺らのこと忘れないで…」とゾンビさんたちがトボトボと歩くカットが挟まれる。

ここまでで約1時間経過…。

ようやくハンターたちの前にゾンビさんたちが登場し、ドサクサ紛れでロイの正体が暴かれた!
彼は脱獄犯でこれまでにも街を抜け出して、同行者を殺しまくっていたそうな!

ゆるさねぇ!!と憤慨したポールはロイとのナイフバトルで決着をつける!
naihubattle.jpg
二人ともオジサン版「バイオ4」だ!

サッとロイに勝ったポール。
一方、セバスチャンは例のハイテクスーツを着たままゾンビさんに襲われていた!(スキマを噛まれたようで)

で、ハイテクスーツを着たままゾンビさん化したセバスチャンがポールたちの前に現れる。
バンバン撃つものの、ハイテクスーツにはすべて弾かれてしまう!

逃げ込んだ場所にあったのは「バイオ4」の隠し武器のレーザーみたいな銃!
コイツをセバスチャンにぶっ放した!
045646454.jpg
わかるかなぁ、体に穴開いてるけど、まだ生きてんの。

ぐうう!強いぜハイテクゾンビ!
いよいよヤバイ!と思った刹那、首にナイフをサッとやっただけでセバスチャン、死す!!

で、 E N D

で、

 な ん だ よ コ レ !!



いやー眠かった。いやむしろよく寝た。どうも、ギターいぬです。
さて、いかがでしたか?『ゾンビ2030』は?ここまで読んでくださればもう観なくてよいです。たぶん観ないほうが良いです。自惚れてるわけじゃなくて、実際はこのあらすじをもっと間延びさせてるだけですから。

未来の設定とか「人々の自然破壊が進み、隔絶された生活をしていた」とかはいいんですけど、すごい自然が豊富な映像を挟んだり、普通自動車で移動するシーンが入るので信念はぐにゃぐにゃなようです。

終始ブルーバックで撮影してんのか?ってくらい合成まるわかりな映像だし、

これPOVだっけ?ってくらいカメラが揺れまくりでドヘタだし、

ゾンビさんたちとのカラミ少な過ぎるし、

伏線らしきセリフがのちのち全く生きてこないし、

ゾンビ絶対まだ残ってそうなのに帰っちゃったし、

エンディングの歌なんかイラっとしちゃったし、

そもそも『ゾンビ2030』ってわけわかんねぇし。

さすが、トランスフォーマー社の作品は抜きん出てつまんないですねー!
未来を舞台にしてる映画を観ると「もしこうなったらどうするかなー?」とか妄想したりすることが多いんですけど、コレは全く無かったですはい。終始ラリホーかけ続けられてましたから。




にほんブログ村 映画ブログへ   ゾンビの登場時間少な過ぎるのにゾンビの冠つけるなバカバカバカ!!!
スポンサーサイト



.31 2010 ホラー(B級) comment10 trackback0
 HOME 

プロフィール

ギターいぬ

Author:ギターいぬ
ホラー・香港・B級映画好きの気弱なギター弾き。


ただの感想なので詳しくは書かない時もあり。ネタバレしてる時もあり。
マイペースに行かさしてくださいませ。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

訪問者数

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード