FC2ブログ

クライモリ ‐禁猟区‐

510YhoqZ7LL_SL500_AA300_.jpg
なんだこのタイトル。

・幼い頃から悪夢にうなされ、その影響か未知の生物に興味を持つちょっぴり変わった美女ソフィー
・最近、とある森の奥で動物が惨殺されているというニュースを耳にする
・このネタにかぶりついたソフィーは仲間を誘って森に向かうことに
・森の中、キャンプをしていると物音が!
・好奇心旺盛なソフィーはどんどん森の奥に入っていく
・たどり着いたのは廃墟と化した教会
・探索を続けるソフィーは何者かに襲われてしまう
・目を覚ますと監禁されていた
・彼女を監禁した奇妙な男はソフィーを守るためにこうしているのだという
・もちろん信用しないソフィーは脱出を試みる
・彼女の身を案じた仲間たちも探しに出かけるのだが次々と何者かに襲われてしまう
・果たしてこの事件の犯人は人間なのか獣なのか、それとも…?


先ずはコレ、有名ホラー『クライモリ』とは全く関係のないものなのでご注意を。おねえさんが仲間と森の中で変なヤツに襲われるって世界観こそ似てますが全くの別物であり、簡単に言うとちゅーとはんぱな出来です。

あらすじに書いたとおり、主人公たちは「何者か」に襲われるのですが、その全貌がなかなか明かされません。開始から1時間経ってるのに、です。焦らしすぎです。まぁその後明らかになっていくんですが、そこまでに私のやる気が限りなく0に近くなってました。導入は悪くないんです。犯人を「獣染みたもの」にして、てっきりモンスターホラー的なものなのかと思わせるところまでは。でも、何度もソフィーの過去をフラッシュバックさせたり、夢オチを挟んだりで全く平行線のまま核心を突いてくれません。そんなことしちゃーダメだろって普通にツッコんでしまいます。

そんな感じで大して緊迫感のないシーンがダラダラ続き、ようやくクライマックスを迎えるのですが、これまた無理矢理というかムチャクチャというかグダグダというかパンチがないというか。ちょっと惜しいんです。いや、だいぶ惜しいんです。簡単に言うと弱いんです。


なにより腑に落ちないのが主人公たちの行動。バカすぎる点が多過ぎますし、この状況でその行動?とリアリティに欠けるのがいただけません。謎の生物をビデオに収めると息巻いていたソフィー。しかし物音を聞いて森の奥に入るときに肝心のビデオは持って行かない。っておかしくない?


ラストには一応ドンデン返し(というほどのモンでもないか)が2・3回あるのですが、これもどうもヌルい。特にラストで明らかになるソフィーの真実に関しては、驚いたのは認めます。でも全くスカッとしない内容なのでこれはどうかと…。ホラーなんだからこんなのもアリだと言いたいところですが、やっぱ総合的に見てもいい評価はあげられませんな。(←上から目線すまん)
 
森、夜、満月、キャンプ、数人の男女、廃墟、教会、神父、得体の知れない肉を切る謎の男、大事なところでエンジンがかからない車、ドアガチャガチャ、窓ガラスパリーン、のど笛ガブー、発狂ヒロイン…などなど、ホラー要素はかなり多いのでワクワクはするものの、全体のバランスの悪さと視覚的演出の弱さが余計際立ってしまうので、やっぱダメっす。



にほんブログ村 映画ブログへ   あと、ホントに暗い森だからよく見えん。
スポンサーサイト



.30 2011 ホラー(B級) comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ギターいぬ

Author:ギターいぬ
ホラー・香港・B級映画好きの気弱なギター弾き。


ただの感想なので詳しくは書かない時もあり。ネタバレしてる時もあり。
マイペースに行かさしてくださいませ。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

訪問者数

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード