FC2ブログ

ギャラクシー・インベーダー

4571244172328_1MX.jpg
完全にネタバレします。覚悟してください。

どうもギターいぬです。ちょっとブログも模様替えしてみました。
リニューアル一発目にお送りするのは私が久々に出会った爆弾作品です。その名も『ギャラクシー・インベーダー』!!



【登場人物紹介】

25454888.jpg[トレイシー先生]
(たぶん)高校の教員。UFOや未確認生物などなど、科学で説明のつかないような不可思議なことには目がなく、そのためならどこへでも飛んでいき、どんなことでもしてしまう先生。それがたとえ犯罪でも、である。


45454554.jpg[デイビッド]
(たぶん)学生。去年トレイシー先生のクラスだった。UFO的なものが好きなのかどうかは謎ではあるが、たまたま空飛ぶ物体を見つけたためトレイシー先生に報告。その後行動を共に。


55555544445.jpg[ジョー]
モンタギュー家の長ではあるがアル中でうだつの上がらない生活をしているため家族からの信頼は皆無。スケベ。
気に入らないことがあるとすぐに銃を持ち出す。いつも同じ白のTシャツを愛用。何故かシャツの真ん中に穴が開いている。(↓参照)


4854584564564.jpg[エーテル](向かって右)
ジョーの妻。ジョーがどうしようもないために家族からは同情され、同時に肝っ玉母さんとして信頼されている。
とはいえ普段はごく普通の主婦。ラストまでは…。


555555444456.jpg[J.J.]
モンタギュー家の長男。女性の多いモンタギュー家ではこき使われることが多いようだ。父のジョーにもうまく利用されている。気の弱い性格ですぐ気絶する。


[キャロル]
モンタギュー家の長女。25歳。束縛の強い父ジョーを毛嫌いしていて、口論が絶えない。彼氏のマイケルと逢引するのが大好き。


[アニー]
モンタギュー家の次女でキャロルの妹。まだまだ幼い学生のようだが父親のことは嫌いらしい。


[マイケル]
キャロルの彼氏。キャロルに何かしたらジョーを許さないと言っている。デイビッドとも面識がある様子。


5555554444564.jpg[フランク](向かって右)
ジョーの悪友。ジョーにうまい儲け話を持ちかける。口八丁で人を使いうまいことやるずる賢いヤツ。対照的に彼女(?)のビッキーは頭が弱く何でもかんでも人にしゃべりたがるビッチ


04646464.jpg[グリーンマン]
どこか遠く、宇宙の果てからやってきた異星人。全く言葉も発しないし力もそんなに強くない。不思議な武器を使う。走り方とか見ても、ドンくさい。




【あらすじ】



[はじまり]

宇宙から地球に向かう一筋の光が一台の車の上を通過しました。そして森の奥で大爆発を起こします。

車に乗っていたのはデイビッド。急いでトレイシー先生に電話しますがトレイシー先生はまだ寝ていました。

デ「先生のクラスだったデイビッドです」
ト「やぁデイビッド。覚えてるよ。しかしずいぶん早いな」
デ「なんか空飛ぶ光をみたんです」
ト「なにっ!」
デ「でも見間違いかも…」
ト「すぐ行く!6時間ほどかかるけどすぐ行くから!」

と、目をキラキラさせて飛び起きるトレイシー先生なのでした…。



[バカ一家]

ここはモンタギュー家の朝食風景。長女のキャロルはなにやら急いでいる様子。そこに大黒柱のジョーが噛み付きます。

キ「ママ、早く卵を頂戴。遅刻しちゃうわ」
ジ「何に遅刻するんだよ??」
キ「うっさいわね」
ジ「マイケルと会うんだな?」
キ「ほっといて」
ジ「アイツは最低だ」
キ「関係ないでしょ」
ジ「関係ないとはなんだテメー」
キ「このアル中オヤジ!」

ジョーが立ち上がり、弱々しいビンタをキャロルにお見舞いしました。するとキレたキャロルはジョーに水をぶっ掛け、出ていってしまいます。
もちろんジョーは許しません。クローゼットからショットガンを持ち出し、娘を追います。



[未知との遭遇]

森の中を逃げるキャロル。追うジョー。彼を止めるように言われたJ.Jも後を追います。
道中、ジョーが出会ったのは…グリーンマン!
なにやら光る球状のものを持っています。J.Jもジョーに合流しました。

有無を言わさずグリーンマンを撃つジョー。その腕前は見事なもので、彼の持っていた光るボールを落として逃げていきました。

ボールをゲットしてジョーは大喜び。「宇宙人の持ってたものだから高く売れるに違いない」と。
さっそくJ.Jを使ってボールを家に持ち帰ります。



[合流]

さて、ここでトレイシー先生がデイビッドと合流した模様です。場所はモンタギュー家の近くのようですね。
トレイシー先生は長旅の疲れも見せずうれしそうです。



[皮算用]

帰宅したジョーとJ.Jは早速フランクを呼び出し、彼に謎のボールを見せました。ビッキーは全く信用していない様子ですが、フランクはさらにとんでもない金儲けを思いつきます。

フ「なぁジョー、コレをそのまま売るのもいいが、もっと良い方法があるぜ」
ジ「???」
フ「宇宙人を生け捕りにするのさ。そうすりゃ大金持ちだ」
ジ「その発想はなかった!でも人手が欲しいな」
フ「まかせとけ!これからパブに行って人手を募るんだ」

こうして何人かを雇い、宇宙人狩りが始まります。



[楽天的]

森に入ったトレイシー先生班ですが、どうものんびりしています。先生いわく「腹が減ってしゃーないからメシ行こう」とのこと。どこまで本気なんだかわかりません先生。とはいえ、腹が減っては戦が出来ぬ。二人はパブに向かいます。

パブに到着した彼ら。一人の女性が宇宙人という言葉を発しているのに反応する先生。さっそく彼女を呼び出しました。そう、彼女はビッキーだったのです。
口の軽いビッキーから宇宙人狩りのことを聞いた先生はメシも食わずに出て行きました。やはり本気だったのですね先生。



[ハンティング]

さぁ、いよいよ狩りの始まりです。グリーンマン相手にガンガン発砲しますがグリーンマンの武器もなかなか強力で何人かはやられてしまいます。死闘(?)の末、生け捕りに成功したフランクたち。トレイシー先生も影から様子を見ていました。
グリーンマンをジョーの家のガレージに監禁し、ウハウハなジョーとフランク。



[救出]

次の日、トレイシー先生とデイビッドはグリーンマンの救出を決意します。
ガレージの鍵をいとも簡単に開ける先生。先生、犯罪ッス!いや、どこで覚えたんスか!

ガレージに入ると、でぐるぐる巻きにされたグリーンマンが。
55555544445642.jpg自力で解けないのかグリーンマン。

彼の緊縛を解き、ガレージを颯爽と出る3人!
しかし、ジョーとフランクに見つかってしまいました!

逃げる先生!
その先生に銃口を向けるフランク!

ダーン!!

せ、せんせーーー!!!!
トレイシー先生、死す。




(少し割愛)




[奪取]

再び奪われてしまったグリーンマンの武器をジョーから取り戻し、彼に返さんと奮起するデイビッド。そこにキャロルとその彼氏マイケルも加わり、ある策を立てます。

それは、酒を飲んで寝ているジョーから武器を奪い取るというシンプルイズベストなものでした!

555555444456425.jpg寝起きドッキリかよ。

こうして奪取に成功した一行は、早速グリーンマンに返却しに森へ…。



[最終決戦]

目を覚ましたジョーは武器がないことに憤慨し、またもショットガンを持ち出して森に入っていきました。
あっという間にデイビッドたちに追いついたジョー。

デイビッドたちから武器を奪おうとしたジョーの背後に現れたのは…グリーンマン!!

…しかし、ボーっと突っ立っているだけのグリーンマンはジョーに弾丸を大量にぶち込まれて息絶えます。

5555554444564251.jpgオマエ何しに来たんだぁぁぁぁ!!!!



[亭主の責任は…]

グリーンマンも殺され、武器も奪われてしまい、このままジョーの天下になってしまうのか…。
そうはさせまいとマイケルが殴りかかりますが、肉弾戦でも何故か若いマイケルが押されています。いよいよマイケルもガケに落とされそうになったところで立ち上がった人物が。

そう、ジョーの妻、エーテルです。

落ちていたショットガンを拾い、大きく振りかぶり、ジョーの後頭部目掛けてスイングしました。

55555544445642511.jpgこのシーンは

55555544445642512.jpgマルチアングルで

55555544445642513.jpgお楽しみいただけます。

妻からの一撃でガケから落ちていくジョー。そしてエーテルの憂いを帯びた表情と共にEND


またまた長くなってしまいすみません。これでも割愛してるのですが。
しかしコレ、とんでもなかったです。意味不明でどシュールです。全体的にヌルいし演技ひどいです。編集も演出も何もかもショボいです。

まさかの宇宙人ものなのに舞台が家の周りの森だけと規模が狭過ぎる。
そしてこの宇宙人、性格が穏やかなのか荒いのかよくわからん。
でも、なんとなく憎めない宇宙人。人間の醜さに重きを置いてる作品ですからこのグリーンマンと呼ばれている宇宙人にはどちらかというと同情してしまいますね。何の目的で地球に来たのかも語られないので不明ですがこの感じはおそらく不時着なのかな?トレイシー先生がやられたときにデイビッドを助ける場面などからも心優しい気質のほうが強いようですね。

宇宙人のおかしさもそうですが、何よりもジョーのキャラが強過ぎます。
いや、設定上のキャラは強いんですけど演技が下手すぎなもんで滑稽にしか見えません。というか、登場人物すべてが滑稽です。

深いストーリーもあるわけではないので単調になりがちなのですが、そんなことは全くなく楽しめました。まぁそれは私の大好きな部類の作品だったからなので万人にはダメダメですな…おそらく…。



にほんブログ村 映画ブログへ   まず、「インベーダー」じゃねえ。
スポンサーサイト



.25 2011 モンスターパニック comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

ギターいぬ

Author:ギターいぬ
ホラー・香港・B級映画好きの気弱なギター弾き。


ただの感想なので詳しくは書かない時もあり。ネタバレしてる時もあり。
マイペースに行かさしてくださいませ。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

訪問者数

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード