FC2ブログ

マチェーテ

p-1155.jpg

なんか、アレですわ~。
ほれ、アレですわ~。
なんていうか、アレですわ~。

最近ジメジメしてるし、蒸し暑いし、気分的にも落ち込んでしまいがちで。
こないだなんか、マフィアのアジトに突入したら、部下は亡くすわオネーサンにボコボコにされるわ妻と子を殺されるわ挙句の果てにはスティーブン・セガールが出てくるわでもうツイてないんすわ。

ほんでしゃーないからアメリカに不法滞在してその日暮らしの毎日ですねん。
食べるものも金もなくてどんどんやせ細ってしまいましたわ~。

そんなある日、紳士的なオッサンに声掛けられましてね。
ひょっとしてモデルにでもならない?って感じのスカウトかな~、参ったな~、困っちゃうな~、でも仕方ないよな~なんて考えてたらなにやら物騒な話を持ちかけられまして。

何かって言うと、とある政治家を暗殺して欲しいってんです。
大金と引き換えに。
でも。ね。でも。ねぇ。
でもでもでもね。

僕みたいなひ弱な貧乏人にはそんな大それたこと出来ませんし。
銃とか苦手ですし。
出来ればアレのほうがうれしいんです。
アレ、アレですよ。
ジェイ○ンがよく持ってて、人をザクザク殺していくナタ…アレ、なんて言いましたっけ?

あ、そうそう、マチェーテ!


……え?
そもそも誰だキミは?って?

いやむしろ、なんだチミは?って?


そうです、私が変なオジサンですってちゃうわー!
 
(語り:このお話の主人公・マチェーテ)60121799_20110621151856.jpg


しかし、雨が止みませんね~。困りますよね~。
だもんでスカッとしたいならコイツを観ましょう。

というわけで『マチェーテ』観ました。
ずっと「マチェット」だと思ってたのに「マチェーテ」だったとは…今までの自分が恥ずかしい…なんて思いなからも調べてみるとアメリカでは「マチェット」、メキシコでは「マチェーテ」と読むらしいですな^^

と、そんなことはどうでもよくて。
いや、とんでもない作品でした。ムチャクチャです。グチャグチャです。バカすぎて天才です。

簡単に言うと、中身がないただのバイオレンスB級映画になるのかもしれません。
しかし。いやだからこそ、私は噛り付きで観てしまいました。そう、『トムと○ェリー』を観る子供のように。

人がいっぱい死にます。
身体がスパスパ切れます。
銃とか撃ちまくります。
爆発もしまくります。
内臓とか血もいっぱい出ます。
腸をロープ代わりにもします。(←1番のお気に入り)

簡単に言うとそういう作品なので観る人を大いに選ぶような気もしないではないですが、一回観て欲しい。
主人公はゴツいオッサンで、敵はセガールで、人がいっぱい死ぬ。オッサンが汗臭そうに暴れまくってる。だのに、全体を通して洒落乙な雰囲気すら漂う不思議な感覚。
映像的にもあえて古めかしくしてるのに、現代のセンスがキラリと。アクションメインでただただドンパチ&バカスカなのは昔の香港映画に通じるところが多分にあるのですが、でもいちいち凝ってて、やっぱりコレは今の時代の、現代の人が撮った作品なんだな~と感じます。(←当たり前ですが)


感想第一声としては「とんでもない映画だな」と思うほど、(良くも悪くも)とんでもない出来です。
しかし、こんなに口をポカーンと開けてバカ面で鑑賞できる作品もなかなかないですよ。
大人が噛り付いて観れます。いやあえて大人なのに噛り付いて観ましょう。
そう、『トムと○ェリー』を観る子供のように!!



にほんブログ村 映画ブログへ   バカだっていいじゃない。
スポンサーサイト



.21 2011 アクション comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

ギターいぬ

Author:ギターいぬ
ホラー・香港・B級映画好きの気弱なギター弾き。


ただの感想なので詳しくは書かない時もあり。ネタバレしてる時もあり。
マイペースに行かさしてくださいませ。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

訪問者数

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード