FC2ブログ

サランドラ

20090601_723316_convert_20100204221500.jpg
バタバタとした毎日。時間から逃げ続けているギターいぬですこんばんわ。
今回は『サランドラ』です。『エルム街の悪夢』でおなじみ、ウェス・クレイブン監督、後に『ヒルズ・ハブ・アイズ』としてアレクサンドル・アジャがリメイクした奇形食人ホラーでござい。

●荒野を走る1台のキャンピングカー。とある家族(男×3、女×3、わんこ×2)が旅行に行く最中である
●しかし、突然のガス欠のため立ち往生してしまう
●救助を呼びに辺りを散策する男性陣(+わんこ×2)
●のんきに待つ女性陣
●誰もいないはずの荒野だが、妙な視線を感じる
●散策に向かっていたわんこ(メス)の惨殺死体を発見する
●次々に無残な姿で現れる男性陣
●夜もふけ、さすがに不安におびえる女性陣に襲いかかる謎の人物

●ひええええええ!!!!!

●生き残ったのは男×2、女×1、わんこ×1
●怒りに震える家族
●明朝、復讐に向かう男+わんこ
●わんこの大活躍で食人キチ○イフルボッコ





異国の地で食人一家が襲いかかるという、『悪魔のいけにえ』な内容。現代ですとあんまり真新しさもないプロットになりましたね。じゃあ今頃書くなよって話ですよね!(涙目)

でもねーなんかねー好きなんよねー荒野とか奇形一家とか復讐とかー。てことでなかなか楽しめる作品です。この古さがいいんです。時代を感じさせるファッションに身をつつみ、時代を感じさせる車がスパパンと走り、携帯もワンセグもなく、最新式殺戮兵器(←なんだそれ)なんかじゃなく、一般人が必死で考えついたアイディア武器(もしくは己の体力のみ)で悪に立ち向かうそのカタルシス…。ホラーにはお約束の不便・不利という状況がてんこ盛りで楽しい。現代と比べて不便だった時代だったからこそ、制作者のアイディアが光ってます。ジャケットにも登場している奇形殺人鬼は特殊メイクなしのガチっていうのもすごいと思います。


前半:【奇形ジュピター一家のターン】
後半:【スーパー リベンジ タイム】

できっちり分かれてるところもなんか親切ですね。
スーパーリベンジタイムで生き残った家族はそれぞれ恋人、母親、父親、そして恋犬を殺され、復讐の炎を燃やします。特にはりきって復讐に向かうわんこがいい味出してくれます。わんこの名はビースト。恋犬のビューティを殺されちゃったもんだから(ビューティとビーストなんてセンスあるぅ~)ガンガン前進して殺人鬼に飛び掛かり崖から落としたり、アキレス腱を噛み切ったりと。かっこいいっす旦那!

生き残った兄妹は母親の死体をおとりにして相手を罠にかける
最後のトドメはガラガラヘビに噛み付かせてその隙にタコ殴り


と、豪傑すぎて「おいおいっ」っていう場面はありますが、不思議とバカさは弱いです。復讐の2文字が私の中にも宿っていたのでしょう。(深い意味はない)

むしろ引っかかったのは、「音」です。
やたらSE(効果音)がデカいのよ。爆発音とか、悲鳴とか、怒号とかが大音量すぎて目が覚めるわ!(←寝てたんかい)いまさら言っても遅いのはわかるけど、言う。バランス考えようよー。


ラストはタコ殴りでストップし、そのままENDの文字がドーンと登場するぶつ切りな終わり方も好きです。『悪魔のいけにえ』とテーマこそ似てはいますが、やられっぱなしではなく、復讐して終わりという点で全くの別物ですね。


まぁ、現代版『ヒルズ・ハブ・アイズ』もありますし、わざわざこちらをオススメはしないのですが(←えっ)、『ヒルズ・ハブ・アイズ』のようなスタイリッシュで小奇麗な映像世界とグロ描写よりも、レトロでマイノリティなノイズと埃まみれ空気感が伝わる映像世界のが好きな私はこっち派である!と言い切ります!



にほんブログ村 映画ブログへ  『ヒルズ・ハブ・アイズ』も大好きです旦那。
スポンサーサイト



.04 2010 ホラー comment4 trackback0

Comment

これけっこう好きだよ。
1と2のセットのDVD買ったし。
ウェス・クレイヴン監督だからね~なかなかガチだよ。
バカ展開とかより普通に残虐だと思う。
お父さんが生きたまま焼かれてた場面はトラウマ。

数あるスプラッター見てきたけど襲われる側がここまで徹底的に逆襲に出た展開は珍しい。
特に犬ですねやはりww
あの犬がんばりすぎ
応援したくなったじゃないか(´・ω・`)


2010.02.05 00:40
toshi
なんすか、スーパーリベンジタイムって(笑)。
テレ朝で日曜の朝に放送してる、スーパーヒーロータイム
みたいなノリだなぁ(笑)。

『ラストはタコ殴りでストップし、そのままENDの文字がドーンと』
↑どこの香港映画ですか(笑)?
2010.02.05 02:37
ギターいぬ
光さん

DVDセットをお持ちとは!なかなかいいですよね~。
お父さんの断末魔と口から出る煙がエグイですよね…。残虐、残虐。

>あの犬がんばりすぎ 応援したくなったじゃないか(´・ω・`)
ホントに^^;かっこよすぎますよビーストくん!2でも活躍しますしね☆
2010.02.06 01:49
ギターいぬ
toshiさん

復讐に燃えるあまりのスーパーリベンジタイムなのですよw

そういわれてみると、復讐といい、ブツ切りのラストといい、香港映画の要素がふんだんに散りばめられてますね!…そうか、だからスッと入り込んで観れたのか…!(←後付けです)

2010.02.06 01:55

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://cyoifuruikedo.blog61.fc2.com/tb.php/88-05bdd763

プロフィール

ギターいぬ

Author:ギターいぬ
ホラー・香港・B級映画好きの気弱なギター弾き。


ただの感想なので詳しくは書かない時もあり。ネタバレしてる時もあり。
マイペースに行かさしてくださいませ。

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

訪問者数

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード